iphoneケースをハラコを使って作ってみた

持ってたiphone5sが、酔った勢いで地面に叩きつけてしまい、ディスプレイが割れて早3ヶ月

ようやくiphone6plusに乗り換えたところで、前回の教訓を生かし

 

iphoneケースに収める事が決定しました。

 

iphoneケースといえば

  • 手帳型
  • ケース型
  • バンパー型
  • 防水型
  • バッテリー内蔵型

 

まあ大きく分けてこんな感じですが、

防水型は操作性が悪く(タッチ感度が下がる)

バッテリー内蔵はただでさえplusで大きいのでさらに大きくなり

手帳型は左右持ちが限定され、なおかつパカパカするのが嫌なので不可

となると

ケース型 or バンパー型

の2択!

いろいろ見てみるとケース型でバンパー型のハイブリッド的な、

背面だけレザーだったり、シールでコーティングするタイプだったり、ハラコだったり

 

ん!?ハラコ!?

ちょっとギャルっぽいけどあの手触りはいいよな・・・

ってことでハラコを徹底的に調べる事3日間

(ちなみにハラコは漢字では腹子と書きます。ちょっと由来見てびっくりした。そうだよな、うん。<a href=”http://mensfashion.cc/wiki/%E3%83%8F%E3%83%A9%E3%82%B3%E7%B4%A0%E6%9D%90/” target=”_blank”>ハラコとは</a>)

 

韓国製か中国製しかないだと!
(iphoneケースで国内さんは極僅か)

しかもレビューがどれもいまいち・・・

作りが粗いだのケースがゆるいだの。

値段は大体10,000〜20,000円くらいでお手軽に手を出せる感じではない・・・

 

困ったぞ・・・

ちょっと個性的だしいいかなと思ったけど、なかなかリスキーな戦いになりそうだぞ・・・

 

そうだ、作っちゃえばいいじゃん☆

 

ということで作りました。

11202105_875185755884217_982608612770475460_n

ハラコの皮自体はハンズで売っており、だいたい3,000円くらい。

実際使った面積は1/6くらいしかないので500円くらいかな。

 

お!10000円くらいが500円くらいで収まるなんて!

でもやっぱ周り(バンパー)も必要だよね

できることならアルミバンパーがいいな

って事で渋谷を歩き回る事3時間

意外とバンパーで良さそうなのがない。

 

残るはパルコ内のapp bank storeのみ・・・

そもそもね、iphone6plusのケースが少なすぎるんだよ。

初めから作るの1択しかないとしか思えないくらい種類がない。

 

いざ、パルコへ・・・

 

なにここめっちゃいっぱいある。

この3時間で回った10店舗以上にある。

初めからこここればよかった・・・

よし、じゃあどれにしようかなって思ってたら

店員「いらっしゃいませ〜なにかお探しでしょうか〜」

 

そうか、いくら服屋でなくてもそれでもパルコ。ちゃんと販売員さんが声かけてきますよ。

ゆ「えxっんsmfsだfgf☆fklksか」

あまりのできごとにテンパったオタクを見事に演じてしまい汗だくに。

ゆ「iphone6plusのアルミバンパーを探してるんですが・・・」

店員「でしたらこちらの商品が今おすすめで、こちらとセットで防護フィルム買っていただくと15%offになるんですよ〜」

うん、どこかで聞いたことあるフレーズだね。

店員「もし試しにつけてみたい場合はいってくださいね!」

 

え、試着(スマホが)していいんだ。

結構ものによって甘い作りあったりするからそれは嬉しい。

ゆ「じゃあこれとこれ2つ試してもいいですか・・・」

店員「はい!こちらですね〜じゃあレジ横で開封しますのでお借りして良いでしょうか〜」

てな感じで試着させてもらうことに。

意外とどちらもよかったので悩んでると防護フィルム(今度は背面)の説明を受けてしまい

あれ、気づいたら防護フィルム両面とバンパー買うことに。

 

お会計聞いたら

1万5000円です☆

 

あれ、

ハラコが500円で、

全部含めたら

15500円

 

\(*^◯^*)/

 

想定よりあがっとるやないかーい!

 

まあそんなこんなで超高額ケース。ご用命がありましたらyutampまで。施工費は格安でさせていただきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加